【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の高官は19日、東京五輪に合わせた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪日と韓日首脳会談について、「両国が協議しているが、まだ成果が不十分」と明らかにした。

 同高官は「大詰めになって台頭した会談の障害について、まだ日本側から納得できる措置がない状況のため、訪日と会談を実現できるか未知数」と述べた。在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使が韓国メディアとの懇談で、文大統領に対し不適切な性的発言をした問題を意味するとみられる。

 読売新聞は日本政府が相馬氏を更迭する方針だと報じたが、青瓦台の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官は同日のラジオ番組で、「特定のメディアに立場を明らかにすることは受け入れられない。日本政府の公式な立場(表明)があるべきだ」と述べた。

 青瓦台は文大統領の訪日の前提条件として「成果のある首脳会談」を提示し、儀礼的な会談の可能性を示唆した日本政府に態度の変化を求めてきた。

 日本政府が相馬氏の発言について韓国側にどのような立場を伝えるかも文大統領の訪日に影響を与えそうだ。