【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官は20日、韓日・韓米日外務次官協議に出席するため、日本に向けて出発した。崔氏は出発前、仁川国際空港で記者団に対し、東京五輪に合わせた韓日首脳会談が見送りになったことについて、「相当意見が接近したが、首脳会談の成果にあげるほど完結しなかった」と明らかにした。

 在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使の不適切な発言が首脳会談の見送りに影響したかどうかに関しては、「相当大きな障害要因となった」と説明。「(相馬氏の)発言は口にできないほどだったし、それが彼らの本音を示すものなら大きな問題だ」として、「われわれが要求したよう、当然の措置が近く取られることを信じている」と述べた。

 相馬氏は韓国メディアとの懇談で、文大統領に対し不適切な性的発言をし、波紋が広がった。

 崔氏は20日午後、森健良外務次官との会談で両国関係改善を巡る日本政府の意志を確認する一方、相馬氏の不適切な発言に対する迅速な措置を求めるとみられる。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本と実務協議を続けるよう指示したことについては、「国民の情緒と直結する歴史的な問題はわれわれの本質的な問題のため、必ず考えなければならない」と述べた。ただ、新型コロナウイルス対応などは協力分野として取り上げ、「重要なのは日本はわれわれの近隣友好国で、困難な時期に手を取り合って協力する部分が多い」と述べた。

 崔氏は21日、シャーマン米国務副長官を交えた韓米日外務次官協議に出席する。北朝鮮問題や気候変動、新型コロナウイルス対応などについて意見交換する見通しだ。崔氏は「韓米日の実務トップが一堂に会することは意味のある機会」とし、「大変積極的な姿勢でけん引するものはけん引し、説得するものは説得し、協力するものは協力する考え」と述べた。

 崔氏は23日、ソウルでシャーマン氏と韓米次官戦略対話を行う。