【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が29日発表した4〜6月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は12兆5667億ウォン(約1兆1990億円)で前年同期比54.3%増加した。新型コロナウイルスの流行が継続するなか、前期に振るわなかった半導体事業が回復し、スマートフォン(スマホ)やテレビ・家電なども期待以上に善戦したことが好業績につながった。

 売上高は前年同期比20.2%増の63兆6716億ウォン、純利益は同73.4%増の9兆6345億ウォンだった。

 4〜6月期の営業利益は前期(9兆3800億ウォン)を3兆ウォン超上回り、半導体の活況期だった2018年7〜9月期以来、11期ぶりの高水準となった。

 売上高は前期(65兆3900億ウォン)に続き60兆ウォンを突破。1〜6月の売上高は、過去最高だった128兆ウォンを上回った。

 前期は振るわなかった半導体が増益をけん引した。

 半導体部門の営業利益は6兆9300億ウォンで前期(3兆4000億ウォン)の2倍以上となり、4〜6月期の営業利益の半分以上を占めた。半導体の売上高は22兆7400億ウォンだった。

 スマホ事業を担うIT・モバイル(IM)部門の営業利益は3兆2400億ウォンで、新機種発売効果で好調だった前期(4兆4000億ウォン)を下回った。

 テレビと生活家電を扱う消費者家電(CE)部門は1兆600億ウォン、ディスプレー部門は取引先である米アップルからの補償金を含め1兆2800億ウォンの営業利益をそれぞれ計上した。