【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6日の首席秘書官・補佐官会議で「国民の積極的な参加で(新型コロナウイルスの)ワクチン接種率の上昇が速い」とし、「感染状況が落ち着いていけば防疫と日常を調和させた新しい防疫体系への漸進的な転換を摸索できるだろう」と述べた。

 文大統領のこの発言により、防疫体系の「ウィズコロナ」への転換に向けた議論がさらに加速するとみられる。

 文大統領は「わが国は最近、世界で最速の接種スピードをみせている。われわれがワクチンでも先んじる国になるのは時間の問題」と述べた。

 また「政府は避けられない選択として高強度の防疫措置を延長しているが、最大限はやく日常生活を回復しなければならないという目標については同じ気持ちだ」とし、「ワクチン接種率が高まり次第、ワクチン接種完了者などに対する(私的な集りなどでの)人数制限を緩和するなど、今後徐々に(自営業の)営業正常化が進むよう最善を尽くす」と強調した。