【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は7日、新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立たされているミャンマーの国民に対する300万ドル(約3億3000万円)規模の人道的支援を決定したと発表した。

 同部は支援について「ミャンマー国民に直接かつ透明な方式で支援が行われるようにする」と説明。ミャンマー軍部による支援金乱用の可能性を防ぐため国際機関などを通じた支援を行う計画だ。

 韓国政府は3月、国軍によるクーデターで流血の事態となったミャンマーへの軍需品輸出を中断し、政府開発援助(ODA)も再検討するが人道的事業は継続するとの方針を発表した。