【ソウル聯合ニュース】韓国軍の消息筋は7日、海軍の潜水艦「島山安昌浩」から国産の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を水中発射する実験が1日に初めて行われ、成功したと伝えた。軍はさらに1〜2回の発射実験を行った後にSLBMを量産、実戦配備する方針。先月13日に就役した「島山安昌浩」に搭載される見通しだ。

 

 「島山安昌浩」は海軍の初の3000トン級潜水艦で、SLBM発射管が6本のコールドローンチ方式の垂直発射台を備えている。

 国産SLBMは射程500キロの弾道ミサイル「玄武2B」をベースに開発され、「玄武4―4」と命名されたという。

 弾道ミサイルの破壊力を持つ上に発射の探知がされにくいSLBMは、戦況を一変させられる「ゲームチェンジャー」とされる。今回の発射実験の成功によりSLBMの開発は実質的に完了し、韓国は米国、ロシア、英国、フランス、インド、中国、北朝鮮に次いで事実上、世界8番目のSLBM保有国となった。