【ソウル聯合ニュース】韓国外交部で北朝鮮問題を担当する魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長が12〜14日の日程で東京を訪問する。同部が10日、発表した。

 魯氏は日本外務省の船越健裕アジア大洋州局長、米国務省のソン・キム北朝鮮担当特別代表と会談し、北朝鮮核問題解決に向けた韓米日3カ国の連携について協議する予定だ。

 北朝鮮問題を担当する韓米日の首席代表による協議は6月21日にソウルで開かれて以来3カ月ぶり。朝鮮半島情勢を安定的に管理し、北朝鮮との対話再開に向けた意見交換が行われるとみられる。

 13日に韓日協議、14日に韓米、韓米日協議がそれぞれ開かれる。同部は、朝鮮半島情勢の安定的な管理と早期の朝鮮半島平和プロセスの再稼働に向けた協力策に関する協議が行われることに期待を示した。