【ソウル聯合ニュース】韓国が15日、独自開発した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の潜水艦からの発射実験に初めて成功した。SLBMの潜水艦発射実験の成功は世界で7番目となる。

 発射実験はこの日午後、国防科学研究所(ADD)の総合試験場で文在寅(ムン・ジェイン)大統領をはじめとする政府・軍関係者の立ち会いの下で行われた。

 青瓦台(大統領府)によると、SLBMは8月13日に就役した海軍の潜水艦「島山安昌浩」(3000トン級)に搭載されて水中から発射され、計画通りの距離を飛行して目標地点に正確に命中した。

 SLBMは潜水艦で隠密に運用できるため戦略的価値が高い兵器とされる。開発が難しく、現在は米国、ロシア、中国、英国、フランス、インドの6カ国のみが運用している。

 青瓦台は「SLBMの保有は全方位の脅威に対する抑止戦力を確保するという面で大きな意味があり、自主国防と朝鮮半島の平和定着に大きな役割を果たすものと期待される」と説明した。

 軍は今回の発射実験成功を受け、戦力化計画に沿ってSLBMを配備する計画だ。