【ソウル聯合ニュース】韓国中道系野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は16日の記者会見で、「政権交代のために私ができることがあるなら、どんなことでもいとわないとかつて国民に約束した」と述べ、来年3月の大統領選に出馬する可能性を示唆した。

 安氏は2012年の大統領選に無所属での出馬を表明したが、当時の野党候補の文在寅(ムン・ジェイン)氏との一本化協議が物別れに終わったことを受けて身を引く形で立候補を辞退した。その次の17年の大統領選に出馬したが、得票率で3位に終わった。