【ソウル聯合ニュース】韓国の朴宰民(パク・ジェミン)国防部次官は16日、訪問先のベトナムで同国のホアン・スアン・チエン国防次官と国防戦略対話を開催し、朝鮮半島情勢を含む地域の安保情勢や両国の国防交流の活性化について意見交換した。国防部が伝えた。

 両氏は高官級の人事交流、海洋安保分野での協力および軍事教育交流など国防分野での協力強化とともに防衛産業や軍事物資に関連した協力のための相互努力を続けることを確認した。

 また来年の国交樹立30周年が関係発展の新たな機会になるとの認識で一致し、現在の「戦略的協力パートナー関係」を1段階格上げするために、国防分野で緊密に協力していくことを確認した。

 朴氏は朝鮮半島の完全な非核化と恒久的平和の定着を進展させる過程でのベトナムの積極的な支持と協力を要請し、チエン氏は朝鮮半島の平和定着のために積極的に寄与すると応じた。

 両国の次官による国防戦略対話は2012年以降、持ち回りで毎年開催されている。