【ソウル聯合ニュース】訪米中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日午後(現地時間)、国連のグテレス事務総長とニューヨークで会談した。

 

 韓国青瓦台(大統領府)によると、文大統領はグテレス氏が朝鮮半島問題の解決を目指す韓国政府の努力を一貫して支持してきたことに感謝の意を示した上で、朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着に向けた国連の継続的な協力とサポートを求めた。

 これに対しグテレス氏は、韓国と北朝鮮が国連に同時加盟してから30年になる今年が南北関係改善の契機になるよう望むと言及し、今後も韓国政府と緊密に協力していく姿勢を表明した。

 文大統領はまた、韓国が12月に国連平和維持活動(PKO)に関する閣僚級会合を開催してPKOの強化に寄与するとともに、国際社会の新型コロナウイルス禍からの回復、気候変動対応、持続可能な開発目標(SDGs)達成へ積極的に役割を果たしていくと伝えた。

 グテレス氏は、韓国がさまざまな分野でグローバルリーダーシップを発揮していると評価し、韓国との協力を強化したいとの意向を示した。