【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長が先週末に2日続けて談話を発表し、南北関係の修復に対する関心をのぞかせたが、北朝鮮は27日午前も南北の通信回線を用いた韓国からの定時連絡に応じなかった。

 韓国統一部の関係者は同日、午前9時に南北共同連絡事務所チャンネルを通じた定時通話を試みたが、北朝鮮からの応答はなかったと伝えた。軍関係者によると、北朝鮮は東海、黄海地区の軍通信線を使った午前の定時連絡にも応じなかった。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先の国連総会演説で朝鮮戦争の終戦宣言を提案したのを機に、与正氏は24、25日に続けて談話を出し、対北朝鮮敵視政策の撤回などの条件を付けながらも南北関係の修復に対する関心を示していた。

 北朝鮮は韓米合同軍事演習の事前演習が始まった8月10日の午後以降、韓国からの通話に応じていない。