【ソウル聯合ニュース】今年1〜8月の世界の電気自動車(EV)向けバッテリー(電池)市場で、韓国大手3社は成長を続けた。使用量シェアは中国の寧徳時代新能源科技(CATL)が1位を維持し、韓国のLGエナジーソリューションが2位、SKイノベーションが5位、サムスンSDIが6位につけた。

 エネルギー市場専門の韓国調査会社、SNEリサーチが29日公表した資料によると、1〜8月に世界で車両登録された純粋なEVとプラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車(HV)のバッテリーのエネルギー総量は162.0ギガワット時(GWh)で、前年同期の2.4倍に増えた。

 中国市場の膨張が続き、中国勢がシェアを伸ばした。CATLが30.3%で世界1位を守り、比亜迪(BYD)が7.7%で4位となった。

 韓国勢はLGエナジーソリューションが前年同期の2.5倍超となる39.7GWhでシェア24.5%を記録し、2位をキープ。SKイノベーションは約2.4倍の8.8GWhでシェア5.4%となり、順位は5位と前年同期より1ランクアップした。

 サムスンSDIは約1.8倍の7.9GWhでシェア4.9%を記録。順位は1ランクダウンの6位となった。

 韓国3社の成長は、各社のバッテリーを搭載したEVモデルの販売がけん引した。LGエナジーソリューションはテスラやフォルクスワーゲン(VW)、フォード・モーター、SKイノベーションは現代自動車と子会社の起亜、メルセデス・ベンツ、サムスンSDIはフィアット、アウディなどのEVモデルの販売好調が成長につながった。

 パナソニックなど日本勢の成長率は市場の平均を大きく下回り、大半はシェアを落とした。

 SNEリサーチは、韓国3社の伸びを評価しながらも「中国の攻勢が激しく、見通しはさほど明るくなさそうだ」と指摘。「3社は成長戦略の整備などにより活路を切り開いていくべきだ」と助言した。