【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は5日、フランス・パリでイタリアとクロアチアの外相とそれぞれ会談した。

 鄭氏とイタリアのディマイオ外相はエコ産業など未来志向の分野に協力を拡大することで一致。今月末にローマで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議で気候変動対応、デジタル革新、社会的弱者の保護など主な議題で意味のある成果が出るよう協力することを確認した。

 また、鄭氏とクロアチアのラドマン外相は来年の国交樹立30年に合わせ、高官交流を活性化させる一方、電気自動車(EV)など未来成長産業分野に協力を拡大することを確認。鄭氏は朝鮮半島情勢について説明し、ラドマン氏は朝鮮半島の恒久的な平和構築に向けた韓国政府の取り組みへの支持を改めて示した。