【ソウル聯合ニュース】韓国統一部のチャ・ドクチョル副報道官は8日の定例会見で、中朝の海上ルートを通じた物流が一部再開した動向があるとした上で、中朝国境の中国・丹東―北朝鮮・新義州の陸路での物流再開については「これまで具体的な変化は確認されていない」と述べた。

 世界保健機関(WHO)は先ごろ、新型コロナウイルス関連の医薬品を北朝鮮西部・南浦港に搬入したと米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が報じていた。北朝鮮は新型コロナウイルスの流入を防ぐため、昨年1月から国境を封鎖し、同年7月には主要海運ルートの中国・大連港―南浦港の輸送も禁止していた。

 チャ氏はまた、国内民間団体による人道支援物資の北朝鮮への搬入に関し、「現在進行中の事案については搬入の有無などに関し、具体的に確認には応じられない」と述べた。