【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスワクチンのブースターショット(追加接種)が12日から始まる。

 政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団によると、感染者の治療にあたる医療従事者のうち、ワクチン接種を終えてから6カ月経過した人から追加接種が行われる。今回の対象者は感染者の治療を行う医療機関約160カ所の従事者で、計約4万5000人。3月20日から4月2日までに米ファイザー製ワクチンの接種を終えた人で、接種期間は今月30日までとなっている。

 追加接種で使われるのはファイザー製のワクチンで、それぞれの従事者が所属する医療機関で接種が行われる。

 一方、接種完了者が感染する事例が増え、重症化するリスクが高い60代以上の高齢者への追加接種時期を前倒しする案について、推進団は「接種完了後6カ月経過すれば追加接種を実施することになり、現在のところでは決まった日程通り推進する計画」と説明した。