【ソウル聯合ニュース】韓国でオンライン動画配信サービス(OTT)やウェブトゥーン(縦スクロール漫画)市場の急成長に伴い、映像や漫画を中心にインターネット上の海賊版が3年間で25%増加したことが14日、分かった。

 保守系最大野党「国民の力」所属の李チェ益(イ・チェイク)国会議員が韓国著作権保護院から提出を受けた資料によると、ネット上の違法複製物に対する是正勧告措置は昨年69万4560件に上り、2017年に比べ25.2%増加した。

 著作権保護院は17年から今年8月までにネット上の違法複製物を摘発し、283万7634件の是正勧告を行った。警告措置が145万3484件(51.2%)で最も多く、「アカウント停止」は873件(0.03%)にすぎなかった。

 摘発件数が最も多かったのは、放送・映画などの映像で182万3224件に上り、全体の64.3%を占めた。次いで漫画(28.1%)、音楽(5.0%)、出版(3.0%)、ゲーム(2.4%)、ソフトウエア(2.2%)の順だった。

 特に映像は17年の42万件から昨年は32.4%増の56万件に急増した。漫画は4万6000件から7万9000件となり70.6%増加した。

 単一のコンテンツとしては日本の人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の違法複製物の摘発件数が最も多く、放送および漫画分野で計8万2752件だった。音楽分野ではBTS(防弾少年団、4195件)、映画分野では「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」(6348件)が最多だった。

 李議員は「違法著作物に対する迅速な取り締まりと是正措置が行われるよう、モニタリングシステムの改善や取り締まり要員の拡充が急がれる」と指摘した。