【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は14日、米国と民間人を交えた在韓米軍地位協定(SOFA)に関する分科委員会を開き、新型コロナウイルスの防疫規則の順守を要請した。

 韓国側は在韓米軍の関係者が防疫規則に違反する事例があり、このことが両国関係全般に否定的な影響を及ぼす可能性があるとして積極的な協力を要請した。

 マスクなしでの野外での飲酒や、5人以上でのパーティー開催など、昨年から在韓米軍の一部関係者が防疫規則に違反して摘発される事例が複数回あったため懸念を伝えた。