【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が3カ月ぶりに30%台に下落したことが18日、世論調査会社リアルメーターの調査で分かった。

 同社がニュース専門テレビ局YTNの依頼を受け、12〜15日に全国の18歳以上の計2022人を対象に調査を行った結果、文大統領の支持率は前週比0.8ポイント下落の39.2%だった。文大統領の支持率が40%を割り込んだのは6月の第5週に38.0%を記録して以来。

 韓国土地住宅公社(LH)の職員らによる不動産不正投機疑惑が明るみになった今年3月の第2週から6月の第5週まで30%台だったが、7月に入り40%台を維持していた。

 一方、不支持率は1.4ポイント上昇の58.2%だった。

 韓国社会世論研究所の調査でも文大統領の支持率は30%台に下落した。同社が15、16の両日に全国の満18歳以上の3000人を対象に行った調査で、文大統領の支持率は前週比3.7ポイント下落した39.7%だった。不支持率は4.0ポイント上昇の57.3%だった。