【ワシントン聯合ニュース】米国務省のソン・キム北朝鮮担当特別代表は18日(米東部時間)、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が提案している朝鮮戦争の終戦宣言について韓米間で話し合ったとしながら、引き続き議論を進めていくことを望む姿勢を明らかにした。韓国外交部で北朝鮮問題を担当する魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長と米ワシントンの国務省で協議した後、記者団に語った。

 キム氏は「私は今週後半にソウルで、この問題(終戦宣言)とその他の関心事について議論を続けることを待ち望んでいる」と述べた。

 魯氏との協議では、朝鮮半島の完全な非核化と持続的な平和を目指し、韓国、日本と緊密に連携していくという強い約束を確認したという。

 この目標に向かって実質的に前進できるよう北朝鮮との外交に取り組むとし、米国は対話を再開させるため北朝鮮に手を差し出していると説明した。また、「われわれは北朝鮮に敵対的な意図を抱いていない」とし、前提条件なしで会う用意があると強調した。

 キム氏はこのほか、国連安全保障理事会の北朝鮮決議の履行、北朝鮮住民の人権の擁護、日本人拉致被害者問題の早期解決などの重要性に言及した。北朝鮮に対する人道的支援を支持する立場もあらためて示した。