【ソウル聯合ニュース】韓国の盧泰愚(ノ・テウ)元大統領が26日、入院先のソウル市内の病院で死去した。88歳だった。

 元軍人の政治家で、1987年6月に大統領直接選挙制の導入と民主化を宣言した声明(民主化宣言)を出し、同年12月の大統領選挙で当選。ソウル五輪を成功させたほか、大統領在任中にソビエト連邦や中国との国交正常化を果たした。1991年には北朝鮮との南北国連同時加盟を果たした。大統領退任後の1995年に政治資金の隠匿が発覚。粛軍クーデター・光州事件でも追及され懲役刑を受けたが、1997年に特赦された。