【ソウル聯合ニュース】韓国自動車大手、起亜が1日公表した統計によると、同社の10月の国内販売台数は前年同月比21.2%減の3万7837台、海外販売台数は同18.4%減の18万35台で、全体では同18.9%減の21万7872台だった。世界的な半導体不足の影響で2カ月連続での減少となった。

 起亜は半導体部品の供給不足により、生産に支障が生じ、世界販売台数が大幅に減ったと説明した。 

 国内販売では多目的レジャー車(RV)の「ソレント」が5363台を記録し同社の月間販売台数1位となった。ソレントを含めRV全体では2万811台だった。

 セダンは大型の「K8」が4181台、中型の「K5」が1036台、小型の「K3」が1526台などとなり、ワンボックスカーの「レイ(RAY)」の3399台などを合わせて1万3197台だった。

 海外販売ではRV「スポーテージ」が2万5916台で最多となり、世界販売でもスポーテージが3万174台で最も多かった。

 同社関係者は「早期出庫が可能なモデルを優先的に生産するなど生産日程を調整し、供給遅延を最小化する方針」などと述べた。