【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル大公園は7日、日本の井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)にヤマネコのつがいを寄贈したと明らかにした。

 寄贈されたのはソウル大公園で昨年、自然繁殖で生まれたヤマネコ5匹のうち2匹。

 寄贈はソウル市と東京都の友好事業の一環として行われた。今回が2回目で、2002年にはアムールヤマネコが贈られた。国際的な絶滅危惧種であるヤマネコを保全し、日本内での飼育下個体群を維持するため行われた。

 日本ではヤマネコの数が急激に減り、現在は長崎県対馬市のみに生息しているという。韓国でもヤマネコの数は急減している。大型の猛獣がいない韓国でヤマネコは最上位捕食者となっている。