【ソウル聯合ニュース】海外で開発された新型コロナウイルス感染症の経口治療薬(飲み薬)が来月2月から韓国に導入される。

 疾病管理庁は8日の記者会見で、新型コロナの飲み薬と関連し、「政府は計40万4000人分の経口治療薬の確保を決定しており、来年2月から段階的に導入される予定」と説明した。

 政府が新型コロナの飲み薬の国内導入時期を具体的に示したのは今回が初めて。新型コロナの飲み薬を巡っては、権徳チョル(クォン・ドクチョル)保健福祉部長官が先ごろ、来年1〜2月中の導入を目標にしていると説明していた。

 韓国政府は新たな防疫体制「段階的な日常生活の回復(ウィズコロナ)」への転換により増加が懸念される重症の感染者を最小限に抑えるため、計40万4000人分の新型コロナの飲み薬の購入契約を推進。9月に米製薬大手のMSD(メルク・アンド・カンパニー)と20万人分、10月に米ファイザーと7万人分の購入契約を締結した。残る13万4000人分についてはMSDとファイザー、スイス製薬大手ロシュの3社と購入契約を協議している。

 疾病管理庁は飲み薬の追加購入について、「感染者の発生状況や食品医薬品安全処の使用承認を総合的に判断し、追加購入の必要性について議論する必要がある」と説明した。

 新型コロナの飲み薬は感染者の重症化を予防するもので、入院患者や重症患者の急増を防ぐ効果が期待される。