【ソウル聯合ニュース】韓国流通大手の新世界が9日発表した2021年7〜9月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比307.1%増の1024億ウォン(約100億円)だった。7〜9月期の営業利益が1000億ウォンを超えたのは初めて。売上高は同37.3%増の1兆6671億ウォンだった。百貨店事業の好調と連結子会社の業績改善が寄与した。