【ソウル聯合ニュース】韓国の競売会社ソウルオークションは24日、前日に開催されたオークションで日本の芸術家、草間彌生氏の1981年の作品が54億5000万ウォン(約5億2700万円)で落札されたと発表した。

 今年韓国で開かれたオークションで落札された作品のうち、最高価格を記録した。これまでに最高価格で取引されたのはマルク・シャガールの作品で、42億ウォンで落札された。

 また、韓国内で取引された草間氏の作品の中でも最も高い落札価格となった。これまでの最高価格は36億5000万ウォン。

 今回のオークションで落札された作品は、草間氏が本格的にかぼちゃをモチーフにした作品を描き始めた時期のものとして関心を集めた。韓国で紹介された連作の中では最も大きい50号の作品でもある。