【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2日、来韓中の米国のオースティン国防長官の表敬訪問を受け、北朝鮮の非核化のための韓米協力をはじめとする朝鮮半島平和プロセスの進展策について意見交換した。

 オースティン氏は1〜3日の日程で来韓した。

 この日午前には徐旭(ソ・ウク)国防部長官と韓米定例安保協議(SCM)を開き、北朝鮮の核・ミサイル脅威の高まりに対応するため、作戦計画を最新化することで合意した。

 合意に基づき、従来の韓米連合軍司令部の軍事計画「作戦計画5027」「作戦計画5015」は北朝鮮の核とミサイルに対応した内容にアップデートされる見通しだ。