【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は22日、韓国大統領直属機関の国際会議で予定されていた台湾の唐鳳(オードリー・タン)政務委員(デジタル担当)の講演が突然キャンセルされ、台湾政府が韓国側に抗議したことに関し、「(キャンセルは)中国を意識した措置というより、われわれの外交原則に基づくものだ」と記者団に語った。

 台湾外交部(外務省)は21日までに、韓国の第4次産業革命委員会が16日に開催した会議に唐氏が招かれ、オンライン講演を行う予定だったが、当日早朝に韓国側からキャンセルを通知されたと明らかにした。唐氏は閣僚級。外交関係者の間では、台湾問題に神経をとがらせる中国の立場を考慮し、韓国が唐氏の出席を取りやめたとの観測が出ていた。

 青瓦台の高官は「唐氏の出席取りやめは諸般の状況を総合的に検討して決定したものと承知している」と伝えた。単に中国との関係だけでなく、韓国と台湾の外交関係が断絶されている状況なども考慮したということのようだ。

 同高官は「経済、文化などにおいて台湾と非公式的な関係を通じて実質的な交流を広げていくという姿勢に変わりはない」とも語った。