【ソウル聯合ニュース】韓国政府は28日、日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が強制労働させられた「佐渡島の金山」(新潟)を日本の文化審議会が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に推薦する候補に選定したことを巡り、在韓日本大使館の関係者を呼んで抗議した。

 外交部の堅種皓(キョン・ジョンホ)公共文化外交局長は同日、同大使館の中條一夫・公報文化院長を呼び抗議した。

 江戸時代に金鉱として有名だった佐渡島の金山は、第2次世界大戦が本格化した後には銅、鉄、亜鉛など戦争物資を確保する鉱山として主に活用され、朝鮮半島出身の労働者が多数動員された。

 文化審議会の選定を受け、日本は政府として世界遺産登録に向けた推薦書をユネスコに提出するかどうかを来年2月1日までに決定する予定だ。

 外交部当局者は、文化審議会が推薦候補を選定する前にも日本側関係者を呼び抗議したが、抗議の時期などについては公開しなかった。