【ソウル聯合ニュース】韓国のSKイノベーション子会社で環境配慮型の化学事業を手掛けるSKジオセントリックが29日、日本の化学メーカーのトクヤマ(東京都千代田区)と、半導体用の高純度イソプロピルアルコール(IPA)を製造販売する合弁会社を韓国南東部の蔚山市に設立すると発表した。

 両社は50%ずつ出資して新会社を設立する。2023年をめどに年産能力約3万トンの高純度IPA工場を完成させ、24年に商業生産を開始する予定だ。

 トクヤマは高純度IPAの製造技術を提供し、SKジオセントリックは原料の調達と工程管理、マーケティングを担当する。

 高純度IPAは半導体ウエハーや液晶パネルなどの洗浄に用いられる。半導体用だけでも年平均8%前後の成長が見込まれている。

 韓国では、サムスン電子とSKハイニックスの各半導体工場増設に伴い、高純度IPAの需要が供給を上回る見通しだ。国内で高純度IPAを生産する企業は現在1社しかない。

 SKジオセントリックの関係者は「新設する合弁会社は、トクヤマの一貫生産の技術とSKジオセントリックの安定的な原料供給により、品質とコスト競争力を兼ね備えた高純度IPAを生産することになる」と説明した。