【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は30日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から5037人増え、累計62万5967人になったと発表した。前日(5409人)から372人減ったが、2日連続で5000人を上回った。重篤・重症患者は1145人となり、10日連続で1000人を超えた。

 高齢者を中心とする3回目のワクチン接種が加速しているのに加え、強化された防疫措置の効果で流行の拡大は落ち着いているが、重症者の数は依然として減少していない。

 死者は73人増え、計5455人となった。死者数は前日に30人台まで減少したが、再び増加に転じた。

 変異株「オミクロン株」の新たな感染者は67人で、累計625人となった。

 一方、新規感染者のうち海外からの入国者の感染は107人で、前日(126人)に続いて100人台を記録した。