【ソウル聯合ニュース】韓国の独自技術で開発する3600トン級潜水艦の2番艦の建造が始まった。防衛事業庁は30日、南部の慶尚南道・巨済にある大宇造船海洋の造船所で「張保皐3」バッチ2の2番艦の建造着工式を開催した。

 建造着工式は船体に使う鉄板を切断し、建造中に事故が起きないように祈願するセレモニー。

 張保皐3は3000トン級以上の次世代潜水艦の開発事業で、バッチは同じ種類として建造される艦艇を意味する。バッチ1から2、3と進むほど艦艇の性能が改善される。

 バッチ2の3600トン級潜水艦は全長89メートル、幅9.6メートルで、今年8月に海軍に引き渡されたバッチ1の1番艦「島山安昌浩」(3000トン級)より重く、全長も約5.5メートル長い。

 バッチ1の場合、6本の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)垂直発射管を搭載しているが、全長が長くなるバッチ2は最大10本の発射管を搭載する。ただ、韓国軍はSLBM発射管については機密事項だとして公表していない。

 防衛事業庁は、バッチ2の潜水艦はリチウム電池を搭載し、従来艦に比べて隠密性と水中作戦能力が向上すると説明している。3000トン級潜水艦のうち、リチウム電池を使用するのは世界で2番目となる。部品の国産化率は80%に達し、国内での雇用創出効果や輸出競争力の向上なども期待される。

 防衛事業庁は、同日の着工式により計5隻の3000トン級潜水艦が建造に入ったと伝えた。海軍は「島山安昌浩」をはじめとする3000トン級3隻に続き、3600トン級3隻、4000トン級以上3隻と、最新潜水艦を順次建造する計画だ。