【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は30日、北朝鮮の社会的弱者支援のため韓国の民間団体が申請した栄養物資の北朝鮮への搬出3件を承認したと発表した。

 同部の当局者は記者団に「南北間の人道主義的な協力は政治・軍事的状況とは別に継続すべきだ」という従来の姿勢を改めて説明した。

 団体側の要求や事業に及ぼす影響などを考慮し、今回も具体的な団体名や支援品目は公表しなかった。政府のこうしたスタンスを巡っては、南北交流の透明性を損なうとの指摘もある。

 政府は今年、民間団体による北朝鮮への物資搬出を計11件承認した。ただ、これらの物資が実際に北朝鮮に運ばれたかどうかは確認できていない。北朝鮮は新型コロナウイルス対策の国境封鎖を続けていることから、まだ届けられていない可能性が高い。