【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が1日に故金日成(キム・イルソン)主席と故金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を参拝したと報じた。

 参拝には党政治局常務委員の崔竜海(チェ・リョンヘ)氏、趙甬元(チョ・ヨンウォン)氏、金徳訓(キム・ドクフン)氏、朴正天(パク・ジョンチョン)氏や党中央指導機関の構成員が同行した。

 錦繍山太陽宮殿参拝は金正恩氏の今年最初の公開活動となる。金氏は就任後、2018年を除き13年から昨年まで毎年元日に同宮殿を参拝した。17年には夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏も同行した。