【ソウル聯合ニュース】韓国の料理バラエティー番組などへの出演などで知られる在日韓国人4世のシェフ、チョン・チャンウク氏が飲酒運転したとして道路交通法違反の罪で略式起訴され、昨年6月に罰金1500万ウォン(約145万円)の略式命令が出されていたことが、4日、分かった。

 裁判所によると、チョン氏は昨年5月9日の明け方にソウル市内の一般道で飲酒運転していたところ、摘発された。検出された血中アルコール濃度は免許取り消しの基準を超えていたという。

 チョン氏は2009年にも同じ容疑で摘発されている。

 チョン氏はテレビ番組への出演のほか、レストランなどの格付け本「ミシュランガイド」で価格以上の満足感が得られる「ビブグルマン」に選ばれた飲食店のシェフとしても知られている。また登録者数約13万人のユーチューブチャンネル「チョン・チャンウクの今日の料理」を運営している。