【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は6日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から4126人増え、累計65万3792人になったと発表した。重篤・重症患者は882人となり、先月13日(876人)以来24日ぶりに900人を下回った。

 死者は49人増え、計5887人となった。

 1日当たりの新規感染者数は、前日(4444人)から318人減った。週末に検査件数が減少する影響で週の前半には感染者数が減り、週半ばから再び増加する傾向があるが、この日は前日と比べてもやや少なく、引き続き減少傾向を示した。60歳以上の高齢者を中心に3回目のワクチン接種率が上昇し、先月初めから防疫措置が強化された効果とみられる。