【ソウル聯合ニュース】韓国農林畜産食品部が9日発表した2021年のキムチ輸出額は過去最高の1億5990万ドル(約185億円)を記録し、09年以来12年ぶりに黒字(1920万ドル)に転じた。

 ここ5年間のキムチ輸出額は年平均18%ずつ増加しており、輸出先も11年の61カ国・地域から89カ国・地域に拡大した。

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けた健康志向の高まりや、世界的なK―POP人気によるキムチの認知度上昇を背景にキムチの輸出が拡大した。政府のバックアップで、キムチの「宗主国」である韓国産キムチの優秀性をPRし、徹底した品質管理のためにQRコードを導入したことなども輸出を後押ししたとみられる。