【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は10日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から3007人増え、累計66万7390人になったと発表した。重篤・重症患者は786人となり、先月7日(774人)以来34日ぶりに700人台に減少した。

 死者は34人増え、計6071人となった。

 1日当たりの新規感染者数は、前日(3373人、訂正後)から366人減った。1週前よりは118人、2週前よりは1197人少ない。

 週末に検査件数が減少する影響で週の前半には感染者数が減るのに加え、先月初め以降の防疫措置強化の効果が出ているためとみられる。

 この日からは、新型コロナワクチンの接種完了やPCR検査の陰性を証明する「防疫パス」の提示が義務付けられる施設に百貨店やショッピングモール、大型スーパーなどの大規模店舗が追加された。