【ソウル聯合ニュース】韓国政府は11日午前、国家安全保障会議(NSC)常任委員会の緊急会議を開き、北朝鮮が同日に弾道ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体を発射したことへの対応策を協議した。

 青瓦台(大統領府)の報道資料によると、委員らは情勢の安定が緊要な時期に行われた今回の発射に強い遺憾を表明するとともに、北朝鮮が年初から連続してミサイルを試射した意図を分析した。

 NSCは、北朝鮮が今月5日に弾道ミサイルを発射した際には「遺憾」という表現を用いず、憂慮を表明しただけだったが、今回は「強い遺憾」と表現を強めた。

 委員らは会議で、韓米間の緊密な協力により飛翔体の詳細を分析し、北朝鮮の関連動向を綿密に注視しながら対応措置を講じていくことを申し合わせた。また、北朝鮮に対し、朝鮮半島の平和と安定を願う国際社会の期待に応え、対話再開と協力に速やかに応じるよう促した。

 会議には徐薫(ソ・フン)国家安保室長、兪英民(ユ・ヨンミン)大統領秘書室長、鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官、李仁栄(イ・イニョン)統一部長官、徐旭(ソ・ウク)国防部長官、朴智元(パク・チウォン)国家情報院長らが出席した。