【光州聯合ニュース】韓国南西部・光州市内のマンション建設工事現場で11日午後、外壁が崩れ落ちる事故が発生し、現場にいたとみられる作業員6人と連絡が取れていないことが確認された。警察や光州市消防本部などが伝えた。

 建物は地上39階建てで、2019年6月から工事が行われてきた。

 事故当時、建物の上層部にいた作業員は無事が確認され、3人が自力で待避し、3人が救助された。1人は1階で作業をしていて、軽症を負った。近くに駐車されていた車両約10台が壊れた。

 携帯電話の位置情報から現場周辺にいるとみられる作業員6人は現在も連絡がつかないという。

 外壁がさらに崩れる懸念があることから、救助が難航している。