【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が11日に国防科学院で行われた極超音速ミサイルの発射実験を視察したとし、発射実験が成功したと報じた。

 同通信は、ミサイル発射後、600キロの地点で極超音速滑空体(HGV)が分離され、滑降しながら240キロ旋回機動し、1000キロ先の標的に命中したと伝えた。

 また、今回の発射実験が「最終発射実験」だったとし、「開発された極超音速兵器体系の全般的な技術特性を最終的に実証する目的で進められた」と説明。弾頭部の優れた機動能力が明確に実証されたと報じた。

 北朝鮮が公開した写真を見ると、5日に発射した弾頭部が円すい状の「極超音速ミサイル」と同じ種類で、昨年9月に発射したグライダー形態のミサイルとは異なる。

 極超音速ミサイルは、放物線軌道を描く一般の弾道ミサイルに比べ迎撃が難しいとされる。マッハ10(音速の10倍)の速度ならソウル上空に1分で到達する。

 金正恩氏は発射実験の前に国防科学院長から極超音速ミサイル兵器体系に関する総合的な解説を聞き、「国の戦略的な軍事力を質量的かつ持続的に強化し、わが軍隊の現代性を高めるための闘争をさらに加速させるべきだ」と強調した。国防力発展5カ年計画の5大課業うち、最も重要な戦略的意義を持つ極超音速兵器開発部門で大成功を収めた科学者や技術者ら、党組織を高く評価したという。

 韓国軍の合同参謀本部は11日、北朝鮮が同日午前7時27分ごろに内陸部から朝鮮半島東の東海に向けて弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体1発を発射したと発表した。ミサイルの飛行距離は700キロ以上、最大高度は約60キロ、最大速度はマッハ10前後と説明した。