【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社ハンギルリサーチが12日に発表した3月の大統領選候補の支持率は、保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長が前回調査(先月25〜27日)に比べ3.1ポイント上昇の38.0%、革新系与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は7.1ポイント下落の35.3%だった。差は2.7ポイントと誤差の範囲内だった。

 尹氏は下落傾向にあった支持率が上昇に転じ、李氏を上回った。背景には20代からの支持率の変化があるようだ。尹氏に対する20代の支持率は32.1%で前回調査に比べ4.3ポイント上がった一方、李氏は33.2%で7.9ポイント下落した。

 中道系野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表の支持率は6.0ポイント上昇の11.0%と、2桁を記録した。支持候補がいないとの回答は7.4%だった。

 また、野党陣営の候補を一本化する場合に支持する候補を尋ねたところ、36.8%が尹氏、29.6%が安氏を選んだ。支持候補がいないとの回答は28.8%。

 野党陣営の候補を尹氏に一本化し、李氏と一騎打ちになると仮定した場合の支持率は、尹氏が45.2%で李氏(38.8%)をリードした。安氏に一本化した場合は安氏が41.2%、李氏が37.9%だった。

 調査はインターネットメディアのクキニュースの依頼で8〜10日に全国の18歳以上の1014人を対象に実施された。