【ソウル聯合ニュース】韓国鉄鋼最大手のポスコが12日発表した2021年通期の連結決算(速報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は前年比283.8%増の9兆2000億ウォン(約8920億円)で過去最高を記録した。

 売上高は同32.1%増の76兆4000億ウォンだった。