【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部当局者は13日、米国がミサイル物資調達などに関与した北朝鮮人らを制裁対象に加えたことについて、「韓米は緊密な連携の下、北の核問題の根本的な解決のため、対話再開の努力を続けていく」との立場を示した。

 同当局者は米国の措置に関し、「朝鮮半島の完全な非核化達成のため、対話と同時に制裁履行が重要という米国の従来の立場が反映されたと評価する」として、「米側は北との対話にオープンで、完全な非核化を達成するまでに既存の制裁を引き続き履行していくという立場を一貫して堅持している」と強調。「北もこれに応じ、状況をさらに悪化させる措置を取らず、対話に復帰することを促す」と述べた。

 米国は今回の制裁措置を韓国に事前に通知したという。

 韓国の統一部当局者も記者団に「朝鮮半島情勢の平和的、安定的な管理が重要だ」と表明。「米国など国際社会と協力し、南北対話のきっかけをつくるための努力を継続していきたい」と述べ、北朝鮮に対し、対話に応じるよう求めた。

 米財務省と国務省は12日(現地時間)、北朝鮮の大量破壊兵器と弾道ミサイル開発に関与した北朝鮮国籍の6人とロシア人1人、ロシアの1団体を制裁対象に加えたと発表した。バイデン米政権発足後、弾道ミサイルを巡る対北朝鮮制裁は初めて。核・ミサイル開発のため、ロシアと中国で物資調達を行った北朝鮮の国防科学院関係者らが制裁対象となった。