【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は17日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から3859人増え、累計69万6032人になったと発表した。重篤・重症患者は579人で、54日ぶりに600人を下回った。

 1日当たりの新規感染者数は、前日(4193人、訂正後)から334人減り、11日(3094人)以来6日ぶりに3000人台に減少した。

 週末に検査件数が減少する影響で週の前半には感染者数が減る傾向があるが、変異株「オミクロン株」の感染拡大の影響により、1週間前の10日(3005人)からは854人増えた。

 オミクロン株の拡大を最大限遅らせるため、政府はこの日から来月6日までの3週間は私的な集まりの人数をこれまでの最大4人から最大6人に緩和する一方、飲食店やカフェなどの営業時間は引き続き午後9時までに制限する。

 重症者が減り、重症病床の使用率は30%台と安定的な水準を維持している。

 死者は23人増え、計6333人となった。