【ソウル聯合ニュース】韓国外交部で北朝鮮問題を担当する魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長は17日、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表、日本外務省の船越健裕アジア大洋州局長と電話で協議し、この日北朝鮮が発射した短距離弾道ミサイルに対する分析を共有するとともに対応策を協議した。

 外交部は、3氏が今後も北朝鮮の動向を注視し、朝鮮半島情勢の安定と速やかな対話再開のために3カ国間の緊密な協力を続けることで一致したと伝えた。

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮はこの日午前8時50分と同時54分ごろ、北朝鮮・平壌の順安飛行場付近から東に向けて短距離弾道ミサイル2発を発射した。

 北朝鮮は昨年末に開催した朝鮮労働党中央委員会総会では新年の対外政策を公表しなかったが、今月5日に「極超音速ミサイル」と称する弾道ミサイルを発射したのを皮切りに、北朝鮮がミサイルを発射するのは今年に入って4回目。

 韓米日3カ国の北朝鮮担当高官は、北朝鮮の相次ぐ武力示威の意図と今後の朝鮮半島情勢に及ぼす影響などについて意見交換し、情勢管理のための協力策を話し合ったもようだ。

 北朝鮮が5日と11日に弾道ミサイルを発射した際にも韓米、韓日の北朝鮮担当高官がそれぞれ電話協議を行い、対応策を議論した。14日のミサイル発射翌日には韓米外相による電話会談も行われた。