【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に同行してアラブ首長国連邦(UAE)を訪問中の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は16日、同国のアブドラ外務・国際協力相とドバイで会談した。外交部が17日伝えた。

 両外相は16日開催された韓国・UAE首脳会談の後続措置を巡る協議を行ったほか、両国が首脳間の信頼や友情を基に関係発展に傾けてきた努力を評価した。

 また多様な分野で協力を強化し、両国の特別戦略的パートナー関係を今後も発展させていくとの認識で一致した。

 中東3カ国を歴訪中の文大統領は国際博覧会「ドバイ万博」の会場でドバイ首長国のムハンマド首長と会談し、防衛産業分野などでの協力強化について協議した。

 この会談で「韓国型パトリオット」と呼ばれる弾道ミサイル迎撃システム「天弓2」のUAEへの輸出が決まった。