【ソウル聯合ニュース】今年に入ってミサイル発射実験を4回実施した北朝鮮が、朝鮮半島の情勢が不安定となった理由は韓国の軍事訓練だと責任を押し付けた。

 北朝鮮の韓国向け宣伝用ウェブサイト「わが民族同士」は19日、「1月の民族の心の中には再び不安と憂慮が漂っている」として、「それは新年とともに始まった南朝鮮(韓国)軍部の戦争演習と軍事的な対決策動のため」と非難した。

 韓国軍が今月に実施した砲射撃訓練や米軍の第7艦隊主催で開かれた多国間訓練「シードラゴン」に海軍の海上哨戒機を派遣したことなどを取り上げ、「年が変わっても誤った対決的な姿勢は少しも変わっていない」と主張。「時代錯誤的で反民族的な同族対決意識は北南関係改善を阻害し、朝鮮半島の平和を損ね、民族共同の発展と繁栄を防ぐ重要な要因」と指摘した。

 北朝鮮が5日と11日に「極超音速ミサイル」を称する弾道ミサイルを発射したことや、14日にロシア製短距離弾道ミサイル「イスカンデル」の北朝鮮版と呼ばれる「KN23」、17日に米陸軍戦術ミサイル「ATACMS(エイタクムス)」に類似した「KN24」をそれぞれ発射したことについては言及しなかった。