【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は20日、徐薫(ソ・フン)国家安保室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、北朝鮮の動向について議論した。

 青瓦台によると委員らは北朝鮮の一連の動向を綿密に分析することを確認。米国をはじめとする関係国と緊密に協議し、朝鮮半島情勢の安定と北朝鮮との対話再開の努力を続ける一方、さらなる状況悪化の可能性にも備えることを申し合わせた。

 青瓦台は北朝鮮が核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験の再開を示唆したことについては触れず、「一連の動向」とするにとどめた。

 北朝鮮の朝鮮中央通信はこの日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が出席する朝鮮労働党中央委員会政治局会議が19日に開かれ、米国への対応策が議論されたとし、「われわれが主導的に取った信頼構築措置を全面的に再考し、暫定的に中止していたすべての活動を再稼働する問題を迅速に検討するよう指示が下された」と報じた。