【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は17日、北朝鮮が16日午後6時ごろに、東部の咸鏡南道・咸興から朝鮮半島東の東海に向けて飛翔(ひしょう)体2発を発射したことを確認したと発表した。

 飛翔体の高度は約25キロ、飛行距離は約110キロで、最高速度はマッハ4以下と確認された。

 合同参謀本部は、北朝鮮の飛翔体発射直後に軍と情報機関、青瓦台(大統領府)の国家安保室が緊急会議を開き、対応策を協議したとし、「北の飛翔体発射の動向について韓米がリアルタイムで追跡し、監視と準備態勢に関連する必要な措置を取っている」と説明した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は17日、「新型戦術誘導兵器」の発射実験に成功したと報じた。同兵器について「党中央が関心を示す中で開発されてきた新型戦術誘導兵器体系は前線長距離砲兵部隊の火力打撃力を飛躍的に向上させ、朝鮮民主主義人民共和国の戦術核運用の効果性と火力任務多角化を強化するのに大きな意義を持つ」と主張した。発射実験には金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が立ち会った。

 韓国軍は北朝鮮がミサイルを発射した場合、直ちに発表するが、今回は発射翌日に北朝鮮メディアが新型戦術誘導兵器の試射に成功したと報じた後の発表だったため、発表が遅かったとの指摘が出ている。